2017年03月06日

ポメラで単語登録が消える・文章が消えるときの対処方法

 このところ、ポメラDM100で単語登録が頻繁に消える・入力した文章が消えるというツイートを見かけます。

 こうした方々とやりとりをさせていただいて、対処方法がわかったので記載しておきます。 ※必ず直るという保証はありませんが、この操作で改善している方が複数いらっしゃいます。

 DM100には、メモリ保護用の電池として、ボタン電池が使用されています。

 DM100の単三電池は、動作用の電池です。
 この他に、ボタン電池があります。

 このボタン電池が消耗していると、電池交換時に日付・時刻がリセットされたりいろいろと不具合が起こります。

 まずは、ボタン電池を新しいものに交換してください。


 電池を交換しただけでは、不具合が解消しない場合があります。
 このときは、本体メモリにあるデータをパソコンにバックアップします。

 本体メモリのバックアップは、USBケーブルでパソコンと接続して行ってください。
 単語登録のデータも、エクスポートでバックアップを行います。

 次に、ファームウエアが最新でない場合は最新にアップデートします。
 すでに最新のファームウエアになっているときは、初期化を行います。

 初期化(フォーマット)は、次の手順で行います。

 電源が切れている状態で、
「Esc」+「→」+「電源」のキーを同時に押します。

 液晶が表示されたらキーを離します。


 後は画面の指示に従って、初期化(フォーマット)を行ってください。

 初期化を行うと、日付時刻や設定データなどがすべて消えますので、再度設定を行ってください。

 単語登録は、バックアップしたものをインポートで読み込むことで戻ります。

 この操作で、登録辞書が消えるなどのトラブルが解消したケースが複数あります。
 絶対に直るという保証はできませんが、試してみる価値はあると思います。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 08:44| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: