2017年01月02日

長いタイトルも可能! ポメラのアップロードでブログ更新 DM200

 ポメラ DM200のアップロード機能では、ファイル名が件名になります。
 ポメラは、ファイル名に文字数制限があるためブログのタイトルもこの制限を受けてしまいます。

 そこで、自由にタイトルをつけるために仕組みを作りました。

 これまで紹介した、Google Apps Scriptを少し改良しただけで可能になりました。
 送ったメールをGoogle Apps Scriptで、ブログ用に変換します。

 投稿用のテキストファイルは、下記のルールで書きます。
 ・一行目をブログのタイトル(件名)
 ・二行目をブログ本来の投稿用アドレス
 ・三行目以降をブログの本文

 Gmailでブログ投稿用のエイリアスアドレスを作ります。

 Gmailのアドレスは、「+任意の文字列」を組み合わせたエイリアスアドレスが使えます。
 username@gmail.com(元のアドレス)
 username+任意の文字列@gmail.com(エイリアスアドレス)

 任意の文字列の部分はどのように変えても、元のアドレスにメールが届きます。


 ブログ投稿用のエイリアス宛に送信されたメールは、Google Apps Scriptが変換の処理をします。

 メールの本文を取り出し、改行で区切って配列変数に格納します。
 一行目と二行目は、それぞれメールの件名と送信先に設定します。
 三行目以降は、配列を連結して本文とします。
 このメールを送信することでブログを更新します。


 ブログに投稿した原稿は、Evernoteに保存しています。
 これも一度にできた方が楽なので、ブログに投稿したのと同じ内容をEvernoteのアドレスにも送るようにしました。
 このとき、Evernoteのノートブック指定も行っています。

 これで、ブログに投稿するだけで、ブログの更新とEvernoteへの保存も済んでしまいます


 こういうちょっとしたことは、めんどくさくなりがちです。
 ついつい後回しにして、結果忘れてしまったりということが起こります。

 Evernoteにあれば、後から過去の記事を調べるのも楽になります。しかし、抜けがあると意味がありません。ワンアクションで、投稿と保存が完結すれば、ブログの内容に集中できます。更新の手間が、やる気をそぐ原因になることもありません。

 やる気とかモチベーションを下げる要因はできるだけ減らしておくと、継続が可能になります。

 今年の初投稿から、この仕組みを使っています。
 今後の改良点としては、三行目以降の連結処理の際に、マークダウン記法をタグに変換する処理を入れようと考えています。

 現在使っているさくらのブログだと、使うタグはある程度決まっているのでマークダウン記法といっても一部でアレンジを加えたものにする予定です。



スクリプトテキスト
blog2pomera.txt


 上記のスクリプトをコピーしてGoogle Apps Scriptに貼り付けてください。
 Gmailのエイリアスアドレスと、Evernote投稿用・ノートブック名を編集して保存してください。
 設置や、動作タイミングの設定の詳細は下記記事の「スクリプトの設置」を御覧ください。
メールでポメラへテキスト送信。OSや端末に関係なく送れます。


 では、また次にテキストでお会いしましょう。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 05:08| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: