2016年12月03日

Windows用ポメラSyncツール『PomeraDrops』公開 #DM200

PomeraDrops.png

 ポメラDM200には、「ポメラSync」というiPhone・Macのメモと同期する機能があります。
 これは、Gmailの機能を利用して同期を行っています。

 Windowsからも、ポメラにテキストを送れないかということで、これまではGoogle Apps ScriptやGmailを手動で操作する方法を案内してきました。

 テキストファイルをひとつ送るのであれば、これまでの方法でも問題はありませんが、複数のファイルを送ろうとするとちょっと手間がかかります。SDカードを経由するか、USBケーブルで繋ぎ、PCリンクを行う方法しかありませんでした。

 Shuhei Kubotaさんが、「pomi」というポメラSyncされたメモを操作するコマンドラインツールを開発されました。

------------------------------------------------------------------
コマンドラインツール『pomi - ポメラSyncされたメモを操作するツール』
Copyright (c) 2016, Shuhei Kubota
紹介:https://shu-b10g.blogspot.jp/2016/11/pomi-sync.html
ダウンロード:http://goo.gl/T8BFzD
紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=ijBhG64XMMI
初期設定:https://bitbucket.org/shu/pomi
------------------------------------------------------------------



 こちらのツールが非常によいものでしたので、より使いやすくするために許諾をいただけたこともあり、フロントエンドを開発させていただきました。


「PomeraDrops」Windows 7/8/8.1/10 (7および10で動作確認済み)
ダウンロード:PomeraDrops.zip

 PomeraDropsは、複数のテキストファイルをドロップするだけでポメラに一括で送ることができます。
 ドロップすると、Gmailと通信を行います。その後、DM200でポメラSyncを行うとテキストファイルを受け取ることができます。

 また、ポメラ側で編集し、ポメラSyncしたファイルをパソコンに保存(受信)もできます。


 テキストファイルの文字コードや改行コードは本ソフト側でポメラで利用可能な形に自動変換します。
 また、HTMLやCSS・ソースコードなど、テキスト形式のファイルであれば、本ソフト側で「.txt」の拡張子を付与してポメラで表示可能にします。

※起動せずに、PomeraDrops.exeへ直接テキストファイルをドロップすることも可能です。
 PomeraDrops.exeのショートカットを作成して、ショートカットへドロップもできます。


 当初はファイル日付を元に同期という形を考えていました。
 しかし、DM200は「ポメラSync」を行ったときのみサーバとやりとりします。このため、スマートフォンやパソコンのように常時ネットにつながっているのとは、利用方法が変わってきます。
 また、同じファイルをDM200とパソコンやスマートフォンとで編集してしまうということも起こりえます。この場合、ポメラSyncのタイミングによっては、一方の編集内容が上書きされて消える可能性があります。

 こうした仕様から、シンプルにポメラへ送る・ポメラから受け取るという機能のみにしました。

 レジストリは使用していませんので、USBメモリ・SDカードでも利用可能です。
 一度、お試しいただければ幸いです。


【注意事項】
 本ソフトは、Shuhei Kubotaさんの開発されたコマンドラインツール「pomi - ポメラSyncされたメモを操作するツール」のフロントエンドです。
 使用についての要望、不具合等は当方(Outliner)までお願いします。
 Shuhei Kubotaさんへお問い合わせはしないようにお願いいたします。

【更新履歴】
1.00 PomeraDrops 公開

ダウンロード:PomeraDrops.zip


追記訂正
2017/01/17 pomiダウンロードサイト変更に伴いリンク修正。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 16:07| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: