2016年11月15日

ポメラDM200でメールアドレスが長すぎて設定できない場合の回避策

DM200GFilter.png

 ポメラ DM200のアップロード機能に登録できるメールアドレスは、36文字の制限があります。
※2016/12/16 ファーム1.1 にてメールアドレスの文字数が、36文字から54文字に緩和されました。
 Evernoteやブログなど、アドレスが長すぎて登録自体ができない場合があります。
 けっこう困っている人がいるので、なんとかならないものかと工夫してみました。

 Gmailのフィルタと転送機能を使うことで、長いメールアドレスでの転送が可能でした。
 EvernoteやDropbox・さくらのブログで、試した結果うまくいっています。
 ※Gmailのアドレス自体が長い場合は、この方法は使えません。

 転送先の識別のために、エイリアスを使います。
 Gmailでは、ユーザー名の部分に「+」と英数を入れる形のエイリアス(別名アドレス)を作ることができます。

 ユーザー名 + 任意の文字列 @gmail.com


username+db@gmail.com
username+ev@gmail.com
username+Sync@gmail.com


 元になっているメールアドレスの別名なので、全て「username@gmail.com」に届きます。

 このエイリアスを使って、Gmailのフィルタ機能を設定します。

 例えば、宛先が、username+Sync@gmail.com ならば「Notes/pomera_sync」のラベルを付けるというフィルタを作成する。
 username+ev@gmail.comに届いたものなら、Evernoteへ転送する。

 このようにフィルタには、ラベルを付けるだけではなく、既読にしたり・アーカイブ・削除・スターを付ける・特定のメールアドレスに転送するといったことができます。

 この機能を使って、ポメラに登録できない長いメールアドレスへ転送します。


●転送の設定

 Gmailにログインして、設定の「メール転送と POP/IMAP」のタブを開きます。
「転送」の部分にある、「転送先アドレスを追加」をクリックします。
 転送先のメールアドレスを入力して、「次へ」>「続行」>「OK」と順にクリックしていきます。

 転送先のメールアドレスに、確認メールが届きます。
 Evernoteなら、ノートを開いてください。
 Send to Dropboxの場合は、「アプリ > Attachments」フォルダにテキストファイルとして届いています。

 これを開いて、確認用のコードをコピーします。
 Gmailの設定画面に入力のボックスがあるので、そこへペーストして「確認」ボタンをクリックします。

 または、メールに記載されている確認リンクをコピーしてブラウザの新規タブに貼り付けてEnterキーでページを表示します。

 これで、転送アドレスの確認ができたので、ページ下部にある「変更を保存をクリックします。


 一度、ポメラからエイリアスのアドレスへアップロードでメールを送信します。



●フィルタの作成
 Gmailの「設定」を開きます。
「フィルタとブロック中のアドレス」をクリックします。
 ページ下の、「新しいフィルタを作成」をクリックします。

Filter1.png

「From」に元のGmailアドレスを入れます。(username@gmail.com)
「To」に、エイリアスのアドレスを入れます。(username+任意の文字列@gmail.com)
 ウインドウ下部にある、「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。


Filter2.png

「次のアドレスに転送する」という項目にチェックを入れて、アドレス選択で転送先を設定します。

 転送のために送った、メールが受信トレイに表示されると面倒な場合は次の2項目にもチェックを入れます。
「受信トレイをスキップ(アーカイブ)」
「既読にする」


 先ほど送ったテストメールが処理されるか確認するために、「?通の一致するメッセージにもフィルタを適用する。」にチェックを入れます。

「フィルタを作成」ボタンをクリックします。


 これで設定は終了です。


 あとは、転送先に指定したサービスにて、メールが送られて処理されているか確認してください。


 フィルタで転送した場合、件名に転送を示す「Fwd:」は付きません。
 元のメールの件名そのままで送られます。


 厳密に送信先のチェック処理するサービスの場合はうまくいかない可能性もありますが、試してみてはいかがでしょうか。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 12:50| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: