2016年11月05日

ポメラDM200のQRを読み取るのに適したAndroidアプリとバグ #ポメラ #DM200

 ポメラには、作成した文書をスマートフォンや携帯電話に渡す機能としてQRコード機能があります。
 Alt+F5で現在開いているテキストがQRコードになります。
 これを、スマートフォンや携帯電話のQRコード読み取りアプリで読み取ります。

 DM200のQRコード機能には、二つのモードと、三つのサイズがあります。
 モードは、「QRコード」と「pomera QR」の二つです。
 QRコードモードは、デンソーウエーブが開発し、JIS・ISO・JEIDA・AIM Internationalなどの国内・国際規格に準じたQRコードを表示します。連結QRコードは、規格通り16枚が上限となります。

 pomera QRモードは、DM200独自のもので、QRコードが複数枚になるときに「KJ:9901」といった符号を先頭に付けます。専用のアプリを使うことで、99枚のQRコードを連結して長文の転送を可能にしています。

 QRコードのサイズは、大・中・小の三つです。
 このうち、中および小はほとんどのスマートフォンアプリで読み取りが可能でした。大はデータ量が多くなるためアプリによっては読み取りができません。

 それぞれの文字数は次の通りです。
・大 約600文字(UTF-8) 約900文字(SHIFT_JIS) 
・中 約330文字(UTF-8) 約500文字(SHIFT_JIS) 
・小 約130文字(UTF-8) 約200文字(SHIFT_JIS) 

 この文字数を超えると、連結QRコードとして複数のQRコードを読み取る形になります。

 iOSの場合は、キングジム純正の「pomera QR chord reader」があるのでどのサイズやモードでも読み取れます。

 Androidの場合は、アプリによって連結QRコードが読めない、サイズの大きいものが読み取れないなどの問題があります。
 また、QRコードに一定の書式を入れることで、メール送信を行ったり、アドレス帳(電話帳)に登録するQRタグの機能もアプリによって異なります。

 QRコードアプリは、無数にあるためすべてをテストすることはできませんでしたが、代表的なもの三つの結果を記載します。
 いずれも、「pomera QR」モードには対応していません。

・QRコードスキャナー ZXing Team
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.zxing.client.android
 こちらは、Googleの開発チームが提供しているアプリです。Android向けなどにオープンソースのライブラリとして、QRコードアプリの多くがこのライブラリを元にしています。

 こちらは、全サイズ読み取り対応、連結QRコード不可、QRタグ不可。


QuickMark QRコードスキャナー SimpleAct Inc.
https://play.google.com/store/apps/details?id=tw.com.quickmark&hl=ja
 QRコードの読み取りだけではなく、アドレスやアプリのURLなどをQRコード化できる多機能アプリです。

 こちらは、中・大の読み取り不可、連結QRコード対応、QRタグ対応。

 連結QRコードの読み取りは高速で、読み取れなかった場合も何枚目が読み取れていないか画面上にでるので読み取りやすい。QRコードの文字がUTF-8でもSHIFT_JISでも設定で文字化けせずに読み取れます。
 また、このアプリのみメール送信やアドレス帳登録などのQRタグに対応しています。


公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ arara
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.arara.q&hl=ja

 こちらは、全サイズ読み取り対応、連結QRコード不可、QRタグ不可。

 公式だけに、大の精細なQRコードもあっという間に読み取ります。
 連結QRコードには対応していません。


 ガラケーだと、機種によっては小サイズしか読み取れない可能性があります。

 Androidアプリに入れるのであれば、連結QRコードを読み取れる「QuickMark QRコードスキャナー」か、大サイズに対応した「公式QRコードリーダー”Q”」のどちらかだと思います。


 DM200の初期ファームには、QRコード機能にバグがあります。

 QRコードは、範囲指定してその範囲だけQRコードにする機能があります。この、範囲指定をするときに、行頭から行末方向つまり、文字を読む方向に範囲指定すると問題ありません。逆に、行末から行頭に向かって範囲選択をした場合、選択範囲が認識できずにファイル全体がQRコードになります。


 QRタグに付いては、下記の過去記事を参照してください。
・ポメラのQRコード機能をもっと便利に


 この記事は、QuickMark QRコードスキャナーで転送して、掲載しました。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 17:50| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: