2016年09月08日

AndroidのGPS精度を劇的に改善するアプリ 設定後アンインストール可

 Android端末には、GPSという位置情報を取得する仕組みがあります。
 GPSは、「Global Positioning System(全世界測位システム)」GPS衛星の電波を利用して現在地を特定しています。

 しかし、初期状態のAndroid端末では、位置が表示されるのが遅かったり、位置情報が正確ではない、設定をしてもアプリで位置情報を取得できないなどの不具合が出ることがあります。


 GPSの設定には、GPSだけを使う、Wi-Fi・モバイルネットワークを利用する、このふたつを組み合わせて高精度にするという3つのモードがあります。

 高精度にしても、位置情報があまり正確ではい。
 Wi-Fi・モバイルネットワークを利用するモードだと、位置情報の取得が遅い。

 こうした場合は、アプリを使ってGPSを再起動・キャッシュのクリア・最新の補正データをダウンロードすることで改善が可能です。

 それが、こちらのアプリです。


gpstools.png
GPS Status & Toolbox
gplay.png





 自作のアプリで位置情報が取得できなくて困っていたところ、このアプリで修復したら解決しました。

 アプリを起動したら、英文の「使用許可契約」が表示されますので確認して問題なければ「許可する」をタップします。

 GPSロケーションを検索中という表示が出ます。
 衛星の電波を受信すると、画面上部に衛生の位置が表示されます。

 画面をタップすると、上の表にメニューが出ますので、三本線の部分をタップします。

「A-GPSの管理」という項目をタップします。

 リセットをタップします。

 これだけで、位置情報の取得や精度が変わります。

 これで改善しない場合は、A-GPS情報をダウンロードして下さい。


 殆どの場合は、上記の操作だけでGPS精度が改善されます。

 操作が終わったあとは、アプリをアンインストールしても問題ありません。


 A-GPS情報をダウンロードした場合、この情報が古くなると精度が出なくなることがあります。
 その場合は、再度・リセットとダウンロードを行ってください。

 ではまた次の記事でお会いしましょう。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 13:18| Comment(0) | ポメラ・電子ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: