2015年02月01日

受信箱を空にすると、仕事がはかどる件。


 受信トレイに、大量のメールがありませんか。
 大抵の人は、受信トレイにメールが貯まっていて、既読のものを開いてみるという状態ではないでしょうか。

 年末にメールの整理もかねて、受信トレイを空にしました。処理済みのフォルダへ全て移しただけですが。
 同時に、自動の振り分けもやめました。

 この状態で使ってみると、思った以上に仕事がはかどります。

 新着のメールは直ぐに分かります。

 そのメールに返事をしたり、なにかしらの作業をしたら処理済みのフォルダなど、他のフォルダに移します。

 受信トレイにあるのは、未処理のものだけとなるので、メールを確認したときに残っているものが目に付きます。

 何もない受信トレイは、とても気持ちがいい。
 残っているものは、片づけてしまおうという意識が働きます。

 現在は、Gmailを使っているので、返信したり処理済みのものはアーカイブのボタンを押して受信トレイから消してしまいます。

 メールの内容によっては、対応に時間がかかるものがあります。受信トレイにメールを貯めていると、どんどん新しいメールが届いて、未処理のものが埋もれてしまいます。こうなると、メールを探すのも時間がかかりますし、忘れてしまって処理がより遅れてしまうことにもなります。

 メールは処理したら、アーカイブなり処理済みフォルダへ移す。これだけです。

 一日の終わりに、受信トレイが空になっていると気持ちがいいものです。

 普通のメールソフトでもできるので、一度試してみてください。

 では、また次のテキストでお会いしましょう。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 07:00| Comment(0) | ブレイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: