2015年01月30日

そこそこのスピードで、安定して使えるモバイルルーターはないの?


 長年使っていた、007zが不調になりました。
「No Service」と表示されて、全くつながらなくなりました。

 ショップに持っていったら、私の使っているSIMが契約とひも付いていない。2年以上使っているのに、契約上の番号とSIMの番号が違う状態です。
 とりあえず、その問題があるので修理の受付ができませんでした。

 ショップ側で、電波確認用の端末を貸し出してくれました。
 LTE対応の4G端末です。
 速いけど、直ぐに規制が入りました。

 毎週、スカイプを使ってのWeb会議(ビデオ会議)をしています。約1時間で400〜500MBぐらいです。その会議中に制限がかかってしまいました。

 制限がかかると、実用に耐えない速度まで落ちます。
 0.05〜0.09MBです。これでは、音声もまともに送れません。

 いまでは古い3G端末の007zをいまでも使っているのは、ここに理由があります。
 メイン回線と、サブ回線の二つがあり、それぞれ規制のかかり方が違います。
 用途と規制のかかり方によって、使い分けをしています。
 規制がかかったとしても、Skypeで音声通話をするのに充分の速度が出ています。さすがにビデオは、厳しくなりますが。


 私は、そのときどきであちこち移動しているので、自宅に固定の回線を持っていません。全てをモバイルルーターでまかなっています。
 もちろん通信量を抑えるための工夫もしています。


 LTEなどの高速通信は、いいと思いますが、他の選択肢がないのが問題です。

 速くなくてもいいので、一定の速度を安定して得られるサービスがありません。多くはないと思いますが、一定のニーズがあると思います。

 一定の土俵で勝負するのではなく、速くはないけど安定していて切れません。とか、処理速度は速くないけど、小さいバッテリーで長時間使えますなど、別の価値観があってもいいと思います。

 高速や高品質という方向か、安いという方向のどちらかに進んでいます。

 私が、愛用している端末は、電子ペーパーや反射型の液晶のものが多くあります。小さな電池で長時間持つというものです。一度、充電したら数週間から一ヶ月は充電なしで使える端末なら、自転車でキャンプしながら一週間の旅行をするというときでも、電源の確保を考える必要がありません。


 現在のモバイルルーターは、通信量に応じての料金プランばかりです。

 もっと、いろんな選択肢を提供してほしいと思います。

 現状では、LTEやAXGPなどの4Gに移行するメリットを感じません。

 公衆Wi-Fiを渡り歩くようにすることも検討しています。


 こうした一つの価値観だけに偏ってしまうことはよくあります。その価値観に魅力を感じない人はいます。何か新しいものが出てくると、そちらにばかり偏ってしまうのは危険だと思います。

 同じ土俵で勝負するのもいいでしょうが、別の価値観で勝負するところがあってもいいのではないでしょうか。

 では、また次のテキストでお会いしましょう。
posted by Outliner 伊藤 崇 at 07:00| Comment(0) | ライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: