2015年01月17日

ポメラの選び方

 ポメラを欲しいと思っている人で、どの機種を選んだらいいか悩んでいる人が結構いるようです。選ぶ上でのポイントや、用途などによる向き不向きをあげましたので、自分にあったポメラ選びの参考にしてください。
 ただし、DM25・DM100以外の機種は生産完了しているので、流通在庫のみとなります。

pomera_ALL.jpg


・保存文字数

 ポメラは、1ファイルの保存文字数に制限があります。
 DM5・DM10が全角8,000文字まで。
 DM11G・DM20・DM20Yが全角28,000文字まで。
 DM25が全角30,000文字まで。
 DM100が全角40,000文字まで。

 長めのファイルを編集したり、文字起こしをする人だと、DM5・DM10の8,000文字制限は結構きついと思います。90分程度のセミナーなどを文字起こし(素起こし)すると10,000〜12,000文字程度になるのでDM5・DM10の制限を越えてしまいます。

 会議のメモなどを取る人でも、メモのしかたで厳しいケースもあるかもしれません。ポイントだけ箇条書きにするタイプなら平気ですが、細かく内容を書くタイプの人は制限に引っかかる可能性があります。

 創作活動をする人なら、DM11G・DM20・DM20Y・DM25やDM100の方がいいと思います。だいたい、一章分の文字は充分に入ります。


・フォルダの階層

 DM20・DM20Y・DM25・DM100が5階層まで、DM11Gが2階層までフォルダを作ることができます。DM10・DM5はフォルダの作成そのものができません。
 大量のテキストを管理するには、フォルダ分けができると管理がしやすくなります。1フォルダのファイル数も1,000ファイルの制限があります。ポメラでは上限までいかないとしても、ファイル数が多くなると操作性は落ちます。
 携帯電話と連携させたい場合は、フォルダ階層を利用できる機種がいいでしょう。一般的な携帯では、

 ルート/PRIVATE/メーカー名/DATA

 のように、携帯からアクセスできるフォルダは深い位置にあります。上記の場合で、DATAフォルダは3階層目です。
 ポメラで作った文章を、携帯のmicroSDへ移す場合などはDM20・DM100の5階層までないとできません。


・辞書

 ポメラのATOKは組み込み用のものなので、パソコン向けのものと比べると優秀ではありません。ユーザー辞書の登録数にも違いがあります。
 DM5・DM10 100ワード
 DM11G 200ワード
 DM20・DM20Y 1,000ワード
 DM25・DM100 20,000ワード
  ※1ワード 7文字換算

 また、DM20・DM20Y・DM25・DM100にはATOKオプションという30種類のオプション辞書が搭載されています。

DM20に搭載されているオプション辞書一覧

 ・京阪神ランドマーク辞書
 ・首都圏ランドマーク辞書
 ・紅葉名所辞書
 ・花見名所辞書
 ・顔文字辞書2
 ・顔文字辞書
 ・釣り用語辞書
 ・洋酒辞書
 ・焼酎・泡盛辞書
 ・手紙文例辞書
 ・季節の文例辞書
 ・挨拶文例辞書
 ・日本野鳥名辞書
 ・インターネット掲示板用語辞書
 ・お遍路辞書
 ・日本名山辞書
 ・全国温泉名辞書
 ・資格・習い事辞書
 ・四字熟語辞書
 ・健康・ダイエット辞書
 ・家庭の看護・介護辞書
 ・貿易用語辞書
 ・不動産取引用語辞書
 ・企業法務用語辞書
 ・営業・マーケティング用語辞書
 ・株式取引用語辞書
 ・経理・財務用語辞書
 ・品質管理用語辞書
 ・電子部品用語辞書
 ・和英辞書


DM25・DM100に搭載されているオプション辞書一覧

 ・四字熟語辞書
 ・手紙文例辞書
 ・挨拶文例辞書
 ・季節の文例辞書
 ・和英辞書(初級)
 ・和英辞書(中級)
 ・顔文字辞書(半角カタカナあり)
 ・顔文字辞書2(半角カタカナあり)
 ・経理・財務用語辞書
 ・株式取引用語辞書
 ・企業法務用語辞書
 ・営業・マーケティング用語辞書
 ・不動産取引用語辞書
 ・貿易用語辞書
 ・品質管理用語辞書
 ・電子部品用語辞書
 ・半導体用語辞書
 ・液晶・ディスプレイ用語辞書
 ・写真・デジカメ用語辞書
 ・ガーデニング辞書
 ・花言葉
 ・記念日
 ・日本野鳥名辞書
 ・インターネット掲示板用語辞書
 ・全国温泉名辞書
 ・世界地名当て字辞書
 ・出版社名辞書
 ・上場・店頭公開企業名辞書2012年秋版(あ〜こ)
 ・上場・店頭公開企業名辞書2012年秋版(さ〜と)
 ・上場・店頭公開企業名辞書2012年秋版(な〜わ)


 DM20・DM20Yでは10種類、DM25・DM100では20種類の辞書を同時に選択できます。これによって、基本の辞書では変換できない文字も変換ができるようになります。
 専門用語や表記などにこだわる人には、登録数が多い方がよりいいのではないでしょうか。
 DM25・DM100は、パソコン版ATOKのユーザー辞書をインポートする機能が備わっています。他の機種は、辞書を編集するユーティリティは公式にはでていません。しかし、フリーウエアの「ポメラ辞書ユーティリティ」を使うことで編集が可能になります。これは、ポメラにある、ユーザー辞書の書き出し機能を利用して、書き出した辞書をパソコンで編集するためのツールです。


・液晶

 DM100を除く機種では反射型液晶を搭載していますが、機種によって違いがあります。
 DM10・DM11Gが光沢のあるTFT液晶です。
 DM5は、非光沢のSTN液晶です。
 DM20・DM20Y・DM25が非光沢のTFT液晶です。

 DM5のSTN液晶は、コントラストが弱く、応答速度が遅いという特徴があります。テプラなどの液晶と同じと言えば分かりやすいでしょうか。
 TFT液晶は、コントラストもよく、応答速度も充分です。DM10・DM11Gに採用されている光沢液晶は、蛍光灯などの写り込みがあり、長時間文字入力をする場合には非光沢のものよりも疲れやすい印象があります。
 ちょっとしたメモだけではなく、長文を入力する・長時間使用するという方は、DM20・DM20Y・DM25の非光沢TFT液晶が疲れなくていいと思います。光沢液晶でもバックライトがないため、パソコンなどと比べたら疲れにくいのは確かです。
 DM100はパソコンなどと同じバックライト付きの液晶ですので、疲労度はパソコンと同等です。


・電車やバスの移動中に使う

 電車やバスなどで、膝の上で使うならDM5以外の機種が使いやすいでしょう。
 DM5は、スライド機構がなく単に二つ折りになる形でロックもできません。膝の上で使うと、折れてしまい入力がやりにくくなります。鞄の上に乗せるなど、安定させる工夫が必要です。
 DM25以外の折り畳みキーボード採用機種は、底面にある支持ガイドを出すことで膝の上でも比較的安定した入力ができます。ストレートタイプのDM100が一番安定して使用できます。
 立って使うときは、DM10・DM11G・DM20・DM20Y・DM25です。DM5とDM100は、片手で支えにくいので立って使うのは無理があります。


・電池

 最も電池が持つのは、DM100の30時間です。しかし、Bluetoothがかなり電力を消費します。多用すると、あっという間に電池がなくなります。折りたたみタイプでもっとも電池が持つのは、DM5です。
 バックアップ電池は、DM5・DM25・DM100は工具を使わずに交換できます。他の機種では、ドライバーが必要です。動作用の乾電池がなくならない限り消耗しませんが、いざというときにドライバーがなくて困ることがあります。


・便利機能

 DM20・DM20Y・DM25・DM100には、定型文の機能があります。
 改行を含む500文字までの文章を登録・呼出しできる機能です。これを使うと、決まったフォーマットの文章などを作る際に大変便利です。

 DM20・DM20Y・DM11G・DM25・DM100にはQRコード作成機能があります。1枚200文字で最大16枚 3,200文字までQRコードにすることができます。(DM100は、1枚300文字で最大16枚 4,800文字まで可能)
 このQRコードを携帯電話のカメラで読みとると、文章を携帯に取り込むことができます。簡単に長文のメールやブログの更新に利用できます。
 スマートフォンや携帯での入力が面倒だという人にはお勧めです。


・UNDO(アンドゥ)

 直前の操作を取り消して戻るUNDO機能は、DM20・DM20Y・DM25・DM100が5回まで、他の機種は1回までです。


 同じポメラシリーズでもさまざまな違いがあるので、どんなシーンで使うのか、どのぐらいの文章を書くのかなど、自分の使い方を考えて選んでください。

 より詳しく、ポメラについて知りたい方は、自著『ポメラの本』を参照いただければ幸いです。



posted by Outliner 伊藤 崇 at 07:00| ライフ